今日覚えたことの覚え書き

OneDriveでファイルを復元する・完全に削除する方法

OneDriveでファイルを復元する・完全に削除する方法

OneDriveで使っていたあのファイル消しちゃったかなー。元に戻したいなという場合
Dropboxとはまた形は違いますが、OneDriveも一応ゴミ箱という形でワンクッション置かれています。
逆に言うと、ゴミ箱を空にしないとファイルは残ったまま容量はいつまでも回復されません。

というわけでOneDrive上でのファイルを復元と削除の方法。

最初に復元したい場合の方法ですが

まず、ブラウザなどからOneDriveに入り、サイドメニューのゴミ箱をクリックします。
OneDriveでファイルを復元する・完全に削除する方法1

ゴミ箱に入っているファイル一覧が出てきますので、復元したいファイルを右クリックしてメニューから「復元」をクリックします。
OneDriveでファイルを復元する・完全に削除する方法2

これで該当のファイルが元の場所に復元完了しています。

次に完全に削除したい場合は、同じように右クリックしてメニューから「削除」を選びます。
OneDriveでファイルを復元する・完全に削除する方法3

完全に削除されるから復元できなくなるよ?と確認がでてくるので、問題無ければ「削除」を選択します。
OneDriveでファイルを復元する・完全に削除する方法4

これで削除完了です。

一気に削除・復元したい場合は上部メニューにある「ゴミ箱を空にする」「全てのアイテムを復元する」を選択します。
OneDriveでファイルを復元する・完全に削除する方法5

ちなみにストレージの管理でゴミ箱を空にするときに出るメッセージを見るに、ゴミ箱に入っているデータも容量を食っているようです。
なのでファイルを削除しただけだと容量が貯まっていく仕様です。
なんかそんなに使ってないのに容量ないなあ?という場合は一度OneDriveのゴミ箱を覗いてみると良いかもしれません。

関連記事

スポンサーリンク

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*


]