今日覚えたことの覚え書き

スマートフォン版Gmailで返信するときの引用部分を消す方法

スマートフォン版Gmailで返信するときの引用部分を消す方法

スマートフォン版のGmailの話。

いつの間にやらですが、現在のバージョンだとメールを返信するときに、そのまま文章を返信すると、いわゆる引用返信になってしまいます。
スマートフォン版Gmailで返信するときの引用部分を消す方法1

要は相手方の前回のメール文が自分のメール文末に表示されたままになる状態です。
仕事のやり取りなら、前回の相手のメッセージが残っている方が参照しやすいのかもしれませんが、プライベートで会話のように使いたい場合、この引用が邪魔です。

今のバージョンで引用消したい場合は、三点リーダー(…)を一回表示し中身をバックスペースでポチポチ削除してから送る、という手間が必要になっており、大変面倒くさいです。

以前のバージョンだと、チェック一発で外せていた気がするんだけどなー?気のせいかな?思っていたのですがが、調べてみたらやはり「元のメッセージ」というチェック項目があり、これにチェックを付けなければ普通に自分の文章のみを送ることができました。記憶違いじゃなかった。

で、その引用を消す方法というか現在のバージョンでのGmailで、若干手間がかかりますが回避するためのメモ

Gmail返信時の引用を消す方法

メールの返信時に三点リーダーを「長押し」します
スマートフォン版Gmailで返信するときの引用部分を消す方法2

すると「元のメッセージを削除」という項目が出てきますのでこれをタップします
スマートフォン版Gmailで返信するときの引用部分を消す方法3

これで引用文章を削除することができます。
もう一度開いてから削除ボタンを連打するよりははるかに楽に消すことができるので随分マシにはなりました。

とはいえやはり前回までの仕様のようにチェックボタン一つで引用を除外できた方が楽だなあと思います。

おまけとしてpc版のgmail引用返信回避方法ですが
返信ボタンを押した後、ctrl+aで全選択した後、deleteキーなり、BackSpaceキーなりで削除した後にメールを書いて送信すれば、引用が消えた状態で自分の文のみを送ることができます。

これはこれでひと手間かかって若干面倒くさいですが、何か他に良い方法がないかなー?

といった感じでgmailで返信するときの引用部分を消す方法でした。

関連記事

スポンサーリンク

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*


]