今日覚えたことの覚え書き

ロジクール G510sでマウスのクリック操作をマルチキーで行う

ロジクール G510sでマウスのクリック操作をマルチキーで行う

ショートカットがキーボードの左側に18個、切り替えも使えば最大54個設定できる便利なキーボードG510sですが、最近マウスの左クリックや右クリックも他のキーと組み合わせて使うことができることを発見しました。

そもそものG510sキー割り当ての標準機能として「マウス機能」という項目があり、このマウス機能に割り当てられている機能を使うことで、マウスボタン自体はG510sで使用することができました。

ただ、例えば
「右クリックでメニューを出した後に↓キーを2回押してエンターボタンを押す」

みたいな、複数の機能を使ったコマンドの登録の仕方がわかりませんでした。
というわけで調べたら案外簡単に使えたのでロジクール G510sでマウスのクリック操作をマルチキーで行う方法のメモ

マウス操作をマルチキーに入れる手順

実際複数のコマンドを組み合わせて作りたい場合は「マルチキー」という項目で行います。
ここで自分がキーボードを打った順番を記録してボタンに登録することで、ワンボタンプッシュで自分の登録したコマンドを再生できるようになります。
ロジクール G510sでマウスのクリック操作をマルチキーで行う1

ここにマウスのコマンドが組み込まればなと思っていたんですが、実は簡単に組み込むことができました。

やり方ですが「マルチキー」項目のマウスコマンドを組み込みたい場所で右クリックメニューを出し「マウスイベントの挿入」から好きなマウスのクリックを入れるだけ。
ロジクール G510sでマウスのクリック操作をマルチキーで行う2

マウスのコマンドは、押した時のダウン、ボタンを押した後指を離すという意味のアップ
そしてダウンとアップをまとめて一動作としてのクリックの3つから選べます。

マウスボタンのアップとダウンについては例えばドラックアンドドロップをしたい場合などに使うと思うのですが、マウスカーソルの移動については、知っている限りではG510sにその機能はないので、何に使うのかはいまいち不明です。

何はともあれ、マウスの右クリックや左クリックができるようになったことで、やれることがかなり広がりました。

といった感じでG510sでのマルチキーでのマウスカーソルの使用方法でした。

関連記事

スポンサーリンク

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*


]