今日覚えたことの覚え書き

Windows8.1で仮想メモリを外部ストレージに変更する

Windows8.1で仮想メモリを外部ストレージに変更する

前回に引き続きWindows8.1タブレットASUSのVivoTab Note 8のお話。
なんか重たいなあとは思っていたんですがVivoTab Note 8って容量が32GBしかないんですよね。で、見た当時だと3GBぐらいしか残っておらず。

DropBoxとか同期するファイルを選別したり(効果大)、使わないソフトやファイルを消したり(効果小)Glary Utilities(メンテナンスソフト)で不要なファイルの掃除をしたりと、頑張ってなんとか8GB程度まで容量を復活させました。
Windows8.1で仮想メモリを外部ストレージに変更する

ただまあ、全然このぐらいだと不安なのでSDに移せる物は移してしまおうと画策したわけです。DropBoxを移せれば多分それが一番効果高いんですけどね…。SDカードだと「おまえの指定したフォルダ、SDカードじゃねえか!」的に移動させてくれません。

で、色々と考えて、仮想メモリとして取っている容量があるんじゃ無いか?と考えまして、その領域をSDカードに移す方法を調べました。まあ結論から言いますと、容量は全然変わらなかったんですけど(笑

と言うわけでWindows8.1で仮想メモリを外部ストレージに変更する

そんなわけで、前置きが長くなってしまいましたが、仮想メモリを外部ストレージにする方法です。

まず、コントロールパネルを開きます。パネルの位置で言うと、右下にあります。
Windows8.1で仮想メモリを外部ストレージに変更する2

コントロールパネルの検索窓で「システム」と打ち込みます。システム項目が出てくるのでここをクリック
Windows8.1で仮想メモリを外部ストレージに変更する3

システムの中では「システムの詳細設定」をクリックします。
Windows8.1で仮想メモリを外部ストレージに変更する4

システムのプロパティに入りますので、ここで「詳細設定」をクリックし、「パフォーマンス」をクリックします
Windows8.1で仮想メモリを外部ストレージに変更する5

パフォーマンスオプションというウインドウが出てきますので、ここで「仮想メモリ」の「変更」をクリックします。
Windows8.1で仮想メモリを外部ストレージに変更する6

や、やっとたどり着きました。ここで仮想メモリを変更する事が出来ます。コントロールパネルから一気に飛べないんですね。

Windows8.1で仮想メモリを外部ストレージに変更する7

とりあえずここで、
①最初に「全てのドライブのページングのサイズを自動的に管理する」をのチェックをハズします

②私の場合はSDカードを挿しているDドライブを選択ます。

③カスタムサイズを選択します。

④初期サイズ、最大サイズを打ち込みます。ここは使用状況と容量などを考えながら任意で。

⑤「設定」ボタンを押したののち、「OK」を押します。
私はここで、「設定」を押す事を気付かずに、2回ほど再起動してみてあれ???となりました。

これで、再起動すれはSDカードの方に仮想メモリを設置してくれるようになります。

容量を開けるという効果は無かったけど、うん、ブログのネタになったからいいか…。

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*


]