今日覚えたことの覚え書き

Excelで特定の文字列を抜く、置換する関数

Excelで特定の文字列を抜く、置換する関数

たとえば

「たたたぬぬぬきききこんにちは♪ききききぬたたたたたた」

なんて言葉があってですね、そんな言葉はありませんが、まあとりあえずこいつを置換して
「こんにちは♪」
だけにしたい、なんて事があったとします。

一行だけなら削れば良いじゃない、何行もあるなら置換機能でやれば良いじゃないって話ですが

定期的に、不定期的にでも、何回もやるような事だとやっぱりコピーペーストで表に張るだけで、勝手に置換してくれるととっても楽なわけです。
というわけでその関数のメモです。

使う関数はSUBSTITUTEというもので
使い方は
=SUBSTITUTE(置換したい文字があるセル,”置換ワード“,”置換後“)
といった感じです。

具体的にはこんな感じで、A2に変換する前の文字列を置いたとします。
Excelで特定の文字列を抜く、置換する関数

そしてまず「た」を抜きたい訳なので、どこでも良いですがとりあえずC3に以下のように書きました
=SUBSTITUTE(B2,”た”,””)

「”た”,””」となってるのはつまり「た」を削って何もなくするって事ですね。

「た」を「エルドラド」に変えたい場合は
“た”,”エルドラド”と書けばOKな感じです。
ですが、意味がわからないのでここではエルドラドには変更しません。

話は戻って
そして「た」が抜かれた結果が表示されたC4に対して
=SUBSTITUTE(C4,”ぬ”,””)
「ぬ」が抜かれた結果が表示されたC5にたいして
=SUBSTITUTE(C5,”き”,””)
と重ねていけば「こんにちは♪」という言葉が出てきました。
文章にすると長いですが表で実際に書くとこんな感じです。
Excelで特定の文字列を抜く、置換する関数2

というわけで置換する方法でした。わざわざ3行も書かなくても、もっと便利な方法もあるかも。

関連記事

スポンサーリンク

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*


]