今日覚えたことの覚え書き

WiMAX2+を調べてみる

WiMAX2+を調べてみる
2013年10月からスタートしたWiMAX2も、始まった当時から比べてスピードもパワーアップ(110Mbps→220Mbps→370Mbps)し、ギガ放題などの新しいプランも出てきました。

以前初代のWiMAXを使っていたのですが、随分離れていたのでWiMAX2は浦島太郎状態。1度ちゃんと検討するためにWiMAX2ってどんなものかを調べてみるかということに。

※情報が大分増えてきたので更新しました。
随時変更していきます。

そもそもWiMAX2はどんなのか?

WiMAX2は専用のモバイルルーターにPCやスマートフォンへ接続する事で手軽にネットが使えるモバイル回線です。ルーターはこんなの。
WX02

ルーターを無線(Wi-Fi)で繋げば完了。すぐにネットが使えるようになります。LANケーブルや工事などはありません。

工事いらずでルーターが届けばすぐ使えるという手軽さと、ルーターを持ち運べばどこでも使えるというメリットがあります。
例えば引っ越しなどをすることになっても光回線のように工事などは不要です。

WiMAX2の2つのコース「ギガ放題」と「通常プラン」

WiMAX2の特徴的な契約プランとして「ギガ放題」「通常プラン」という2種類のプランがあります。プランによる違いは以下

通常プラン ギガ放題
価格 3696円(UQ) 4263円(UQ)
速度 下り220Mbps 下り220Mbps
月間データ使用量 7GBまで 制限無し

※通常プランもギガ放題プランも3日で3GB以上利用時の速度制限はアリ

通常プラン

まず「通常プラン」ですが、こちらは1ヶ月に7GBまでの通信量の制限があります。
価格帯は公式のUQでは3696円となっており、ギガ放題と比べて684円安く使えます。

ギガ放題プラン
ギガ放題の説明

次に「ギガ放題プラン」
こちらは7GB制限の無くWiMAX2回線を使えるプランです。
※3日で3GB以上利用時の速度制限はどちらにもあります
価格帯は通所プランより高く設定されていて、UQでは4380円となっています。

要はギガ放題プランはちょっと高いけど月間データ使用量の制限が無い、ということです。

また、LTEモードとWiMAX(初代)モードはプランに関係なく付いてきます。(ルーターの対応が必要)

WiMAX2には三つのモードがある

普通のWiMAX…ノーリミットモード
早い標準モード。WiMAX2…ハイスピードモード
エリアの広いauの4G LTEが使える…ハイスピードプラスエリアモード

下り 上り
WiMAX(ノーリミットモード) 13.3Mbps 10.2mbps
WiMAX2+(ハイスピードモード) 220Mbps 10mbps
au LTE(ハイスピードプラスエリアモード) 150Mbps 25mbps

※ちなみに下りはダウンロード速度、つまりサイト閲覧や動画をどれだけ快適に見れるかはこの値、上りはアップロード速度。

現在WiMAX2は上記の三つのモードがあり、WiMAX2回線は当然入ってるとして、その他にルーターによってWiMAX(ノーリミットモード) が付いていたり、 LTE(ハイスピードプラスエリアモード)が付いていたりします。

WiMAX(ノーリミットモード)

まず、従来のWiMAX回線はWiMAX1の回線は今現在だと初代WiMAX回線に対応しているルーターはW02などがあります。が、基本的には少なくなっている傾向。
スピードはWiMAX2のヤ倍速が始まった影響で40mbpsから13.3mbpsに下がりました。

WiMAX2+(ハイスピードモード)

WiMAX2回線はWiMAX「2」と謳っているだけあって、当然無印のWiMAXよりは早く、どのルーターにも付いています。現在は複数回線を同時に使う事で220Mbpsまで速度を上げたヤ倍速という規格になっています。

LTE(ハイスピードプラスエリアモード)

LTEは別途お金がかかるが早い&エリアが広い、という感じでしょうか。それぞれのモードの切り替えは、変えたいときにルーターで切り替えが可能です。
また、2016/7から始まった最大速度370Mbpsを使いたい場合はLTEモードも同時使用することになります。
ハイスピードプラスエリアモードを使うには、月額に別途1005円が必要です。

新ルーターW03(HWD34)より受信速度が最大370Mbps対応に

2016年7月より新たなルーターW03が出てきました。
このルーターの最大の特徴はやはり今まで220Mbpsだった最大通信速度が370Mbpsに対応したと言うことでしょうか。

通常のWiMAX2回線二つ分を使うことで速度を倍(220Mbps)にしたヤ倍速ですが、今回の370Mbpsはそれにプラスして4GのLTE回線の150Mbpsを利用しています。
スタートしたばかりでまだ2016年7月現在、対応範囲は東京の一部ですが対応エリアは順次拡大予定とのことです。

一つ気をつけておきたいのはこの4GのLTEは要するに「ハイスピードエリアモード」なので、利用するには別途お金がかかります。(1005円※公式のUQの場合)

また、W03以前のルーターでは対応していません。

ルーターW01以降は「ヤ倍速」対応の220Mbps対応モデル

W01

WiMAX2は2020年までに最大下り1Gbpsまで速度を上げていく「ヤ倍速」を謳っています
第一弾として、2015年春にWiMAX2の下りの最大速度が110Mbpsから220Mbpsにパワーアップします。
その対応のルーター第一弾として、W01が出てきました。

このルーターから、220Mbpsの速度に対応しています。
現在220Mbpsに対応しているルーターは「W01」「WX01」の二種類です。
それぞれの特色、スペックなどはこちらに纏めました→WiMAX2ルーターの比較

今までのHWD15,NAD11,HWD14,URoad-Stickは非対応になります。

au スマートバリュー mineについてメモ

WIMAX2を契約し、auスマートバリューmineに加入すると、
毎月のスマホ利用料金が934円安くなる。毎月1000円近く安くなるのは何気に大きい。

で、どうやって申請するのさ?と思ったら
auスマートバリューmineに申し込むには、WiMAX2契約後、auショップなどに行って直接申請するとのこと。

auになんのうま味があってやってるの?と思ったら、2年ないしは4年単位の継続利用が条件で、その契約月移行は解除料(9975円)がかかるとのこと。
つまり、キャリアを変えないでよ~って事なんですね。なるほど、納得。

WiMAX2の特徴まとめとしては

  • ギガ放題コースであれば、月間データ量の制限は無いが3日で3G制限はある。
  • 通常のflatツープラスコースは月間7G制限、3日で3G制限がある
  • 現在の最大速度は220Mbpsにパワーアップ。現在の対応ルーターはW01、WX01のみ
  • auのスマホ使用料が934円安くなる
  • WiMAXより早いWiMAX2モードとエリアの広いLTEモードが使える

といった感じです。
2015年4月あたりから三日で3ギガ以上使った場合に、回線混雑を回避するため速度制限がかかることがある、となっています(ギガ放題、通常プランどちらでも)
制限がかかったときの速度は「YouTube動画の標準画質レベルがご覧いただける速度を基準」(UQ公式曰く)となっています

2016年1月のWiMAX2 値段とキャンペーン一覧

月額料金は各社少しずつ違いますが大きく価格が変わることは無い模様。
2年契約コースが基本で、初代WiMAXの頃のように1年コースは無いようです。

BroadWiMAXのWiMAX2

BroadWiMAX WiMAX2キャンペーンページ:

通常月額 :2726円
ギガ放題月額 :3411円
端末代 :0円
事務手数料(初回):3000円
初期費用 :18857円
特典/キャンペーン :最大33000円キャッシュバック

とくとくBBのWiMAX2


通常月額 :3609円
ギガ放題月額 :4263円
端末代 :0円
事務手数料(初回):3000円
特典/キャンペーン :最大33000円キャッシュバック

So-netのWiMAX2


通常月額 :3698円
ギガ放題月額 :4180円
端末代 :無料
事務手数料(初回):3000円
特典/キャンペーン :20000円キャッシュバックもしくはギガ放題が2年間3680円

@niftyのWiMAX2



通常月額 :3670円
ギガ放題月額 :4350円
端末代      :1円
事務手数料(初回):3000円
特典/キャンペーン:20100円のキャッシュバック

ビッグローブのWiMAX2



通常月額 :3695円
ギガ放題月額 :4380円
端末代      :0円
事務手数料(初回):3000円
特典/キャンペーン:20000円のキャッシュバックor21600ptのGポイント

UQ(本家)のWiMAX2


通常月額 :3696円
ギガ放題月額 :4380円
端末代      :1円~
事務手数料(初回):3000円
特典/キャンペーン :10000円のJCB商品券

というわけでざっくりとですがまとめてみました。
詳しい情報はこちらにまとめています→WiMAX2のキャンペーンまとめ
値段は2年縛りの値段で、それ以降も続ける場合は500円ほど月額料金があがります。てことは今のところ2年使ったらまた別のに変えた方がお得かな?と。

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*


]