今日覚えたことの覚え書き

HTMLで太字を書く方法

日記や攻略記事、たんなるつぶやきなどなど・・・

とにかく文章生成中、

「特にここを読んで欲しい」

という時や、

「ここが笑うところだゾ☆」

という時に使用する”太字”

無料ブログでのページ生成に慣れてると、ボタンひとつで手軽に簡単!なのですが、あたえられたテンプレートではなく、

なにからなにまで自由に

自分しかこんな奇天烈なページ作らないだろう!

…というフロンティアスピリッツあふれる未来のHTML手打ち職人の為の、はじめの一歩としてメモッときます。

 

<strong>ここに太字にしたい分を文字をいれる</strong>

 

上の一文のように、

先頭に<strong>

文末に</strong>

をはさめばOK。

昔は<b>と</b>ではさんでいましたが、現在だと様々な理由でstrong文の方を利用した方が良いようです。

特にこだわりもなく、肩肘を張らないさらりとしたページ作りでよいのなら<b>と</b>で問題ありません。

ちなみに本文のように太字命令を乱発すると、読者の目が太字を標準サイズとして慣れてしまい、

強調の効果がまったく見込めなくなる可能性があるので注意です。
あと、まあ、単純にくどいですよね。

関連記事

スポンサーリンク

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*


]