今日覚えたことの覚え書き

HTMLサイト、無料ブログ、ワードプレス(WordPress)の違い

ここ数年の間でネットに広がるページもホントいろいろ増えました。
それに応じて、ページの種類、単語、制作方法も増えてきてなにがなにやら。
その昔ウィンドウズに標準搭載されてた、フロントページエクスプレスによるページ作成しかわからないよ~…

…といった、時代にすっかり取り残されたほぼ自分の為に調べたようなものですが、
いろんなとこで得た調査結果を綴ってみました。

HTMLサイト

昔ながらの製法…
HTMLサイトとは

すっかりブログが染み渡ったネット界隈ですが、昔はこれが主でした。
というか、コレしかなかった。

今では企業サイトならまだしも、個人でやるのに必要があるのか?というくらい手間がかかるのもたしかなんですが…

紙ねんどのようなもの。といえば、良いでしょうか?
とにかく制作技術・知識があれば好き勝手に、思いのままレイアウトを作れるというのは、芸術気質な人ほど、まだまだ魅力的な手法ではないでしょうか。

命令文を覚えて、プログラミングでページを作っていくのは大変ですが、ある程度ツールを使って緩和することができます。

こうしてできたページを、レンタルサーバー(無料有り)を借り、FTPソフト(フリーソフト有り)を使ってサーバーにアップロードして、晴れてネットの世界にお披露目されることになります。
いやぁ…こうして言葉ならべると、ホントいちページ作るのも手間でありましたねぇ…

まさに大衆向け。少しの知識で簡単ページ制作…
無料Blog(ブログ)とは

自分のウェブサイトが欲しい!…けど、まったく知識がない。
そんな方でも手軽にページができるのがブログです。

ある程度定型(テンプレート)されたページが用意されていて、そこに自分の文章、あるいは画像を埋め込んで投稿ボタンをポチッと押せば、あっというまにひとつのページができあがる…そんなシンプルさと即効性がウリです。

HTMLサイト制作ではひと手間だった、過去記事へのリンクやカレンダー・コメント欄設置もほぼ元から設置済み。

日々の出来事をつらつらと書き残したり、画像を載せるくらいならこちらでぜんぜん事足ります。
登録にはメールアドレスが必要です。Yahooなどで登録できるフリーメールでほとんどのところがOKのハズです。
無料ブログの場を提供しているところによって制限が変わってきますので、自分の使用用途に応じたところを探しましょう。

最近人気が高まっている…
WordPress(ワードプレス)とは

ワードプレスは自由度が高く、より独自性をめざしたホームページつくりが可能です。
シンプルなページでよければ、これで簡単に作れます。
多数のプラグインが存在しており、プログラム能力が必要な表現も、プラグインを導入することで利用可能に。
その汎用性の高さから、企業用のホームページ制作用ソフトとしても愛用されています。

ただしワードプレスの情報は英語が中心となっています。
ユーザーの増加に伴い、日本語での情報提供も増えてはいますが、まだまだ英語表記が大半なのが現状です。
便利そうなプラグインを見つけても、マニュアルが英語表記でよくわからない…
なんてことがあるかもです。

幅広くいろんなページが作れる分、それ相当にユーザー自身の必要スペックは高め。
ワードプレスの能力をフルに利用したい場合は、それ相当の知識が重要になってきます。

他、使用にはMySQLデータベースをもったサーバー環境が必要なので、ご利用のサーバーを確認も必要になります。

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*


]