今日覚えたことの覚え書き

WiMAX2のルーターにWX04が登場。W04とどっちが良いの?

WiMAX2のルーターにWX04が登場

WiMAX2のルーターは数が多いですが、モバイルルーターとしては2種類
「W」シリーズと「WX」シリーズの二つがあります。

Xが付いてる分だけ「WX」の方が強いんだろう?…あ!もしかして後継機?
と漫画で育ってきた私は思いがちですが、単純に名前が似ている別系統です。

で、WXシリーズの最新作、WX04が出てきました。メーカーはNECになります。
WX04
公式ページより

WX04の特徴を羅列するとこんな感じです
・下り最大440Mbps(4G Lteに対応)
・無線LAN5GHzに対応
・Bluetoothテザリングに対応
・大容量バッテリー

無線LAN、Bluetoothテザリング、下り440Mbpsについては、普通のWiMAX2と言えますが、メリットとしてはやはり大容量バッテリーでしょうか。

また、WX04からの変化として2年契約ではなく、3年契約のみとなっています。
縛りは長くなりますが、メリットとしてLTEオプション(ハイスピードプラスエリアモード)の料金が無料になります。

LTE自体のメリットとしては、もしWiMAX2の電波状況が悪く、速度がイマイチな時でもLTEなら日本の殆どの地域を網羅しているのでLTE回線の方でカバーできるという物があります。

ルーターとしてWX04とW04ならどっちが良いのか考える

さて、WiMAX2を契約するときに同時代のルーターとして出てきたWX04とW04では、どちらが良いのでしょうか。
モバイルルーターとしてのWX04とW04の主な能力を比較していくとこんな感じです。

製品名 WX04
WX04(NEC)
W04
W04(HUAWEI)
バッテリー容量 3200mAh 2750mAh
最大通信速度 440Mbps 708Mbps(一部エリア)
連続接続時間①
(ハイスピードモード)
ハイパフォーマンス…490分
ノーマルモード…690分
エコモード… 830分
(Bluetooth時は1000分)
ハイパフォーマンス…390分
ノーマルモード …490分
バッテリーセーブモード…630分
連続接続時間②
(ハイスピードプラスエリアモード)
ハイパフォーマンス…480分
ノーマルモード…630分
エコモード… 780分
(Bluetooth時は930分)
ハイパフォーマンス…260分
ノーマルモード …390分
バッテリーセーブモード…550分
重さ 約128g 約140g
USBType TypeC TypeC
同時接続台数 10台 10台

どちらが良いかは使用する条件にもよりますが、私の場合は長時間駆動するWX04の方が魅力的です。

速度で見る場合はW04の方が早いですが、708Mbpsの速度を出す為のデメリットとして

・バッテリーを非常に消費する
・ハイスピードプラスエリアモードが必要(4G LTE使用 契約によっては有料)
・提供地域がまだ狭い(東京都、神奈川県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県の一部エリア)

というのがあります。

移動中など「いつでも」「どこでも」使えるを優先するのであれば、それなりの速度が出れば長時間使えるWX04方が断然助かります。

といった感じでWX04とW04の比較を行ってみました。
この記事を書いている現状、WX04ルーターでのWiMAX2のキャッシュバックが一番高く設定されているのはBIGLOBEのWiMAX2サービスで30000円となっています



その他にもWiMAX2全体のキャッシュバックキャンペーンや月額料金の比較はこちらで行っています。
>>WiMAX2のキャンペーンを比較してみる

関連記事

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*


]