今日覚えたことの覚え書き

Gmailで同じアドレスのまま違うアドレスを作る

Gmailで同じアドレスのまま違うアドレスを作る

タイトルだけ見ると意味不明ですが(笑)
gmailは一つのアカウントにつきメールアドレスは1つまでしか作れません。

用途によって複数のメールアドレスを使い分けること自体は珍しいことではありませんが管理が大変です。

全部一つのメールアドレスへ転送設定をするというのも一つの手ですが、gmailの機能として一つのメールアドレスに複数のメールアドレスを割り当てるという方法があります。

たとえば仮にこんなアドレスがあったとしましょう。
(ただ単にうちのブログタイトルをローマ字にして+西暦を入れただけです。)

kyouoboetakoto2017@gmail.com

で、このメールアドレスに「+英数字」を記入すると、それがメールアドレスになります。

kyouoboetakoto2017+A@gmail.com

こんな感じ。この+Aがついたメールアドレスにメールが送られてきても、届く先は元の

kyouoboetakoto2017@gmail.com

です。

要は+Aという別アドレスが作られた上で、送り先はオリジナルのメールアドレスになるという昨日です。

こういう風に使うと便利かなーという使い道としては、例えばサービスごとにメールアドレスを変えてラベルの振り分け設定を簡単にするとか。

Aというサービスには
kyouoboetakoto2017+A@gmail.com
で登録して
Bというサービスには
kyouoboetakoto2017+B@gmail.com

としておくなどですね。

その他にメールアドレスの間に.(ドット)を入れるというワザもあります。
これは
kyou.oboetakoto2017@gmail.com
だったり
kyouoboetakoto.2017@gmail.com
する方法です。(ドットが入っているのが見えるだろうか…)

つまり、アットマークの前の部分のどこでも良いので、ドットを入れることで元のアドレスとは違うアドレスとして利用することができるというもの。

これも「+英数字」と使い方は一緒です。
ただ「+英数字」よりは視覚的にわかりにくく、何のために作ったアドレスだったっけ?となるかもしれません。

何はともあれ、一つのメールアドレスで複数のメールアドレスが使える、メールの振り分けが楽になるという程度のちょい技ですが何気に便利です。

関連記事

スポンサーリンク

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*


]