今日覚えたことの覚え書き

Windows10の検索バーでファイルの内容まで検索する

Windows10の検索バーでファイルの内容まで検索する

Windows10でもエクスプローラーやフォルダのウインドウの右上に検索バーがあります。
この検索バー、通常はファイルやフォルダの検索に使う用途の方が多いと思いますが、場合によってはファイルの中身を検索したい場合もあるかと思います。

例えば「○○の文章書いていたんだけどなあ…」なんて場合に、確実に文章内で使っているであろう一文なんかで検索出来たら便利です。

で、昔は検索用のツールなんかを探していたんですが、Windows10の標準機能でもファイルの中身を検索できることに最近気づきました。
Windows10からの機能なのかはわかりませんがメモっておきます。

まず、フォルダウインドウの検索バーをクリックします。
検索タブが有効になるので、ここで「詳細オプション」→「ファイルコンテンツ」にチェックを入れます。
Windows10の検索バーでファイルの内容まで検索する1

この状態で検索すると、インデックスされてない場所でも中身の検索が可能になります。
試しに「見つかってしまったか…」という文章が入ったテキストファイル、ワードファイル、Excelファイルを作ってみて検索してみました。
Windows10の検索バーでファイルの内容まで検索する2

「ファイルコンテンツ」にチェックを入れないで検索した場合、何も出てきません。
Windows10の検索バーでファイルの内容まで検索する3

「ファイルコンテンツ」にチェックを入れて検索すると、テキストファイルとワードファイルが見つかってくれました。
Windows10の検索バーでファイルの内容まで検索する4

Excelファイルが検索できないのはちょっと残念ですがまあ仕方ない。

といった感じでWindows10エクスプローラーに付いている検索バーでの、ファイルの中身まで検索する方法でした。
ちなみに、スピードはもちろん通常の検索よりも遅いです。
ファイル数や検索対象によってはベラボーな時間はかかりますので、小分けにして検索していくか、中身の検索が早いツールを探してみた方が良いかもしれません。

関連記事

スポンサーリンク

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*


]