今日覚えたことの覚え書き

Bluetoothキーボード ロジクール K480を使ってみる

Bluetoothキーボード ロジクール K480を使ってみる

Bluetoothイヤホンやらヘッドホンやら、最近Bluetooth付いてますが、今回はBluetoothキーボードのお話。以前話題にも出していましたが、三つのデバイスを登録できるBluetoothキーボードのK480を誕生日プレゼントとして貰ったので使ってみることに。

外で使う用の、複数モバイル端末用の統一キーボードが欲しい!という訳でリクエストしてみました。
Bluetoothキーボード ロジクール K480を使ってみる1

LOGICOOL Bluetooth マルチデバイス キーボード ブラック k480
LOGICOOL Bluetooth マルチデバイス キーボード ブラック k480
LOGICOOL
amazon LOGICOOL Bluetooth マルチデバイス キーボード ブラック k480詳細ページへ

このBluetoothキーボードの最大の特徴は、デバイスを3台登録&素早く切り替える事が出来るダイヤルスイッチです。そして、Windows、Android、iosなどに対応していること。
Bluetoothキーボード ロジクール K480を使ってみる2

つまりパソコンで作業していたらスマホの方へチャットが来た

ダイヤルを回して素早くスマホキーボードに切り替え、返事を書く

そして素早くまたPCへ戻る

なんてことも可能なわけですね。

早速K480を開封してみる

開封してみた所。Bluetoothキーボードの他に注意事項などの紙があるだけで、説明書もありません。メチャシンプル。
Bluetoothキーボード ロジクール K480を使ってみる3

第一印象は「デカい」
入っていた箱からも予想はしていましたが、始めて見た印象は「デカッ」でした。
普通の7インチタブレットと並べてもこのデカさ。大体表面積は2.5枚分位じゃないでしょうか。
Bluetoothキーボード ロジクール K480を使ってみる4

iPadと比べても負けていません。強い。
Bluetoothキーボード ロジクール K480を使ってみる5

一番身近な物で例えるとするなら、299mm×195mmの大きさなのでA4サイズの紙ぐらいと思えば良いでしょうか。A4コピー用紙に手を当ててみるとイメージしやすいです。
据え置きPC用でも使えるだけあって、基本大きいですね。

そして、他の持ち運びに特化したキーボードなどと比べると、「重い」
重量は公式サイトによると815グラム。7インチタブレットなら大体2.5枚分ぐらいです。

まあこれは、スマホを乗せた時にぐらつかないようにする、安定感を出す為だと思います。
実際、安定感は抜群で、iPadを乗せても全然いけます。
Bluetoothキーボード ロジクール K480を使ってみる6

キーボード上部にはファンクションキー&ショートカットキーもついています。
Bluetoothキーボード ロジクール K480を使ってみる7

ショートカットキーの主な能力は以下の通り(公式の説明書サイトより)
Bluetoothキーボード ロジクール K480を使ってみる8

音量のオンオフや、楽曲の先送り、前戻し、ブラウザの戻るボタンなど基本的な物が揃っている感じです。

厚さは20mmと結構厚い分、携帯用のキーボードとして押し心地は悪くないです。かなりしっかりした押し心地があります。
ボタンが角丸でボタン同士も少々離れているため、触っていてキータッチに窮屈さは感じませんでした。
Bluetoothキーボード ロジクール K480を使ってみる9

バッテリー周り
K480を起動するためには、まず裏面の電池の流れを止めてている紙?を引き抜く必要があります。
Bluetoothキーボード ロジクール K480を使ってみる10

これを引き抜くと一瞬ランプが明るくなり電通したことが分かります。これで準備完了。
ここがスイッチですが特に電池の入れ替え時意外には使うことは無さそう。
Bluetoothキーボード ロジクール K480を使ってみる11

ちなみにカバーを外してみると、単四電池2本が入っていました。
電池時妙は最大2年とかなり長持ちです。
Bluetoothキーボード ロジクール K480を使ってみる12

早速K480を繋いでみる。Windows辺

早速使ってみましょう。まずはテスト的にWindows7の入ったデスクトップPC(メインPC)

ダイヤルスイッチは1のまま、「PC」のボタンを3秒ほど長押しして点滅させます。こんな感じ
Bluetoothキーボード ロジクール K480を使ってみる13

PCのBluetooth側に入り
Bluetoothキーボード ロジクール K480を使ってみる13.5

デバイスの追加でキーボードを選択します。(この辺のやり方は使っているBluetoothアダプタのソフトによって変わってきます)
Bluetoothキーボード ロジクール K480を使ってみる15
Bluetoothキーボード ロジクール K480を使ってみる16

デバイスの追加に成功しました
Bluetoothキーボード ロジクール K480を使ってみる17

後はテキストなどで文字を打ち込んでみて、普通に文字が表示されているなら上手く繋がっています。

K480を繋いでみるAndroid辺

次にメインで使っているスマホのひび割れNexus6。
まずはダイヤルを2に回した後、やはりPCボタンを三秒ほど長押し
Bluetoothキーボード ロジクール K480を使ってみる13

本体の通知バーを下ろし、Bluetoothの設定(ボタンが暗くなっているなら一度タップしてON状態にしてから)から「詳細設定」に入ります。
Bluetoothキーボード ロジクール K480を使ってみる18
Bluetoothキーボード ロジクール K480を使ってみる19

詳細設定に入り、K480らしきキーボードをタップします。
Bluetoothキーボード ロジクール K480を使ってみる20

ペアリングするために「Bluetoothペア設定コード」なるものを打ってエンターを押したら接続が完了します。
Bluetoothキーボード ロジクール K480を使ってみる21

日本語を打つ時にK480を109日本語キーボードにする必要がありますが、この辺りは長くなりそうなので別途記事にします。

K480に繋ぐデバイスを切り替えたり打ってみたり

とりあえずこれで1(PC)と2(Nexus6)にデバイスを登録してみたわけですが、
PCで打ち込み→ダイヤルをましてNexus6へ打ち込み→またPCへ打ち込み、といった感じで思ったよりスムーズに打ち込みが出来ます。
Bluetoothキーボード ロジクール K480を使ってみる22

切り替えのスピード自体はBluetoothに接続する時間があるので「即切替」ではありませんが数秒かからず繋がります。リアルタイムで切り替えて使えるのは面白いですね-。

まとめ

といった感じでロジクール k480の使った感じですが接続の仕方などは特に難しいこともなく、使うことが出来ました。
このK480が活躍できる場面としては、例えば、

①PC、スマホ、タブレットなどを一つの環境で同時に使いたい場合
②複数のタブレット、スマホ専用の統一キーボードが欲しい場合

の二つの状況では、かなり便利だと思います。

LOGICOOL Bluetooth マルチデバイス キーボード ブラック k480
LOGICOOL Bluetooth マルチデバイス キーボード ブラック k480
LOGICOOL
amazon LOGICOOL Bluetooth マルチデバイス キーボード ブラック k480詳細ページへ

とりあえず私の場合はPCには超ショートカットキーボードG510sがあるので、②のパターン、タブレット・スマホで振り分けて使っていきたい所存です。

関連記事

スポンサーリンク

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*


]