今日覚えたことの覚え書き

csvとは何か?

日常でエクセル(Excel)やオープンオフィス(OpenOffice)などの表計算ソフト・オフィススイートを使用する機会が多い人だと目にするであろう、もしくは絶賛使用中の「csv」という名前。
Comma Separated Value(カンマ・セパレーテッド・バリュー)の略称であり、表計算ソフトやデータベースソフトをセーブするときに使う形式のひとつで、
データをカンマ(”,”←しっぽがチョロとついてるちいさな点。キーボードの”ね”のキーのところのヤツ)で区切ってデータを管理しているものですな。

csvファイルの利点として、いろんなソフトでファイルを展開しデータ更新作業ができる。というものです。

独自の保存形式で保存されているデータっちゅーのは、別のアプリケーションソフトでは開くことができないことが多々ありますが、このcsvファイルは身近なところでウィンドウズ標準でインストールされている「メモ帳」でも編集が可能です。
つまりエクセルなどの表計算ソフトが入っていないパソコンでも、csv形式で持ち込めばほぼどんなパソコンでも展開→編集・修正が可能なんですなぁ

いろんなアプリケーション間でデータをやり取りする際、csv形式だとスムーズに事が済みます。

デメリットとしては、エクセルでやっている

・シートで細かくデータを分け

・罫線で見やすく

・気合入れてセルの色変え

…といった作業がcsv内で保存されないことです。
いったんcsvで保存したあとに再度開くと、上記の3点のような情報は一切消えてしまっているのでご注意ください。

関連記事

スポンサーリンク

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*


]